TCS認定コーチの本多彩恵です。


なんだか、ちょっと微妙なタイトルですが、、、



今日受講したマザーズコーチングで、
感じたことを書いてみようかな〜と思ったら、
タイトルはこれしか浮かばなくて...(^^;)

中身もちょっと恥ずかしいけど、
今日の出来事を感じるままに書いて見ました。
IMG_5717

うちの母は、私が相談しても
あまり自分の意見を言ったりする人ではありませんでした。
何かを相談しても、
 

「あなたはどう思うの?」みたいな返答か

「こんな方法や、こんな方法もあるよね。」
 

みたいな話はしてくれるけど、
自分の意見や考えを言うことはほとんどありませんでした。

私はそんな母を見て、正直、
自分の意見を持ってない人なんだと思ってました。




私の人生で、後にも先にもこれ以上大きな決断はなかったよね?
くらいの決断を迫られ、切羽詰まっていたときも
 

母に、「どうしたらいいと思う?」と相談してみると、

母は、「あなたはどうしたいの?」と私の意見を問うばかり。
 


「お母さんの意見はないわけ?相談してるのに。」
みたいな気持ちになったりもしたけど、

もともと、母は自分の意見を言わない人だから、
どうせお母さんに相談しても、相変わらずね、、、
な感じで、私も諦めモード。


母が、なぜそんなだったのか
その答えが今日はっきり出たというか、
なんだかスッキリ解消されました。



母の母(祖母)は、めちゃくちゃ厳しい人で
いつも母は、母親(祖母)の顔色を見て生活していたそうです。
そんな親に育てられていたから、
自分は、頭ごなしにダメとか、
否定するような子育てだけはしないと決めていたそうです。
母なりに決めた子育て方針だったのでしょうね。


それと、自分で考えて行動出来る子に育って欲しいからと
選択肢は与えるけど、決めるのは「あなた」であって欲しいと常にそう思っていたそう。


「私が、今こうやって、自由に生きる選択が出来るようになったのは、
きっとお母さんの子育てのおかげだね。ありがとう。」

いつもの私だったら、そんな言葉、口が裂けても言えないはずの言葉を
不思議なくらい自然に伝えていました。
 

それを聞いた母は、
「私は、そんな風に感じて、そんな風に伝えられるあなたが素晴らしいと思う。」
と言ってくれました。


そんな話ができたのも、今日のマザーズコーチングを受講したおかげです。
IMG_5716


母は、私が小さいころから、
「こんなことをしたいと思うの。」というと
「あなたなら出来るんじゃない?」と言ってくれていた人。

大人になって、親のありがたみを感じる場面はたくさんあったけど、
こうやって、娘を信頼してくれて、(ヒヤヒヤする場面もたくさんあったはずなのに、、、)
見守り続けてくれている母に、今まで感じた以上の感謝を感じることができました。